Archive2011年12月 1/3

2011年の終わりに

2011年もあと数時間で終わります。 いろいろなことがあった年でした。 そんな中で感じたことは日本人の素晴らしさもそうですがその半面の「意地汚さ」「自己中心主義」といういやな面もしっかり感じました。 特に「自己チュウ」に関してはこれはもう国民病の様相を呈しています。 自分の欲求や不満を晴らすためになら相手を殺すこともいとわない。 そんなことはない、というなら毎日のTVや新聞紙上を見たらいいんです。殺人事...

  •  14
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・大輪の花咲く日2<解決編>

春山兵曹の今年最後の上陸日は、彼女にとって人生最良の日でもあった―― 春山兵曹はその日、親代わりでありそして「武蔵」での上司の北野特務少尉、友人であり少し先輩の秋川兵曹とともに上陸場に降り立った。今日は春山兵曹と、横須賀海軍工廠・技術中尉の三浦智一との祝言の日である。祝言の支度は三浦中尉がすべて仕切ってくれると言うことで「春山さんは何も心配しないで身一つで来てくださいね」と言ってくれた。この上陸...

  •  14
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・大輪の花咲く日1

「軍艦武蔵・横須賀からトレーラーへ」――軍艦武蔵は各種兵器の修理や増強を終えてそろそろトレーラーへ戻る時が来ていた。乗組員たちは少し名残惜しげである。「ああ、今年は内地で正月だと思ったんだけどなあ」という声が多い。が、代わりに「大和」が内地に戻るのだからトレーラーがお留守ではならない。『大和』の留守は『武蔵』が守るのである。そんな中・・・ 「春山さん!」と、最後から三番目の上陸で横須賀の町を歩い...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・大輪の花咲く日1

「軍艦武蔵・横須賀からトレーラーへ」――軍艦武蔵は各種兵器の修理や増強を終えてそろそろトレーラーへ戻る時が来ていた。乗組員たちは少し名残惜しげである。「ああ、今年は内地で正月だと思ったんだけどなあ」という声が多い。が、代わりに「大和」が内地に戻るのだからトレーラーがお留守ではならない。『大和』の留守は『武蔵』が守るのである。そんな中・・・ 「春山さん!」と、最後から三番目の上陸で横須賀の町を歩い...

  •  6
  •  0

日々雑感・今年最後の休日です。

今日は天長節、言わずもがなの天皇陛下のお誕生日です。 うちでは、恒例の「日の丸掲揚」をしましたがなんだか風がやたらと強くって、ちゃんとした掲揚台というかポールのない我が家の日の丸(布団干し用のポールにくっつけています)は数回風に吹き倒される始末・・・ まあ、だいたいが日の丸自体がでかいんですよね、120×180のテトロン製。 軽くて風にたなびいていいのですが大きさが災いしたか? でも大きくて目立つもの...

  •  14
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)