女だらけの戦艦大和・総員配置良し!

女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?

お知らせ・しばらくお休みいたします

こんにちは、いつも「女だらけの戦艦大和」にお越しいただきありがとうございます。

さて、私事で恐縮ではございますがちょっとお知らせいたしたいことがございます。
わたくし見張り員はほんじつ1330を以て総合病院に入院し、明日午後「そ径ヘルニア」の手術に臨みます。もう半年以上痛かったりしてきましたし、仕事にも支障が出始めてきましたのでここで思い切って手術を致すことにしました。

ですので記事の更新を入院中はできませんのでお休みいたします。
退院して少しは安静を強いられると思いますのでその間ゆっくり更新したいと思います。またどうぞよろしくお願いいたします。

今日は朝から大きな地震が生きて不安です。
皆皆様にはくれぐれもお気をつけてくださいませ。

では、また。
退院したら皆様のところも訪問させていただきますね。

関連記事
未分類 | コメント:14 | トラックバック:0 |

「女だらけの戦艦大和」・別れの曲

「女だらけの戦艦大和」高角砲配置の生方中尉には「素敵な許婚」がいることで、ガンルームでは知らないものがないほどである――

 

その生方中尉は許婚との結婚を間近に控えていた。既に海軍大臣からの結婚許可も下り、あとは式をいつ挙げるかという段階であった。しかし作戦が次々に実行されたり外地にいることの多い『大和』乗員である中尉はもう、許婚との挙式を三年ほど伸ばしてきている。

「長過ぎた春、にならんようにしないとねえ」と、主計科の福島大尉は心配したが生方中尉は笑って「大丈夫ですよ、彼と私は幼いころからの許婚の仲なんですからね。そうですねえ、今度呉に帰れる時連絡して呉で式をあげてもいいですね。まあ、親せきがこれないだろうからまずは仮祝言を」と言ったものだ。

そして今回『大和』が呉に帰ると言うことを生方中尉は手紙に書いて許婚に送ったのだった。

・・・出来ればそちらと私の両親を連れて呉に来てほしいのです、こちらで仮祝言なりとも挙げて落ち着きたいのです、そのために十日の休暇も取れますから・・・

呉に着いて数日が過ぎた日、待っていた許婚からの返信が来た。

・・・○○日に呉に行きます・・・

生方中尉は嬉しそうにその手紙を抱いて高角砲分隊の上司と艦長に許可をもらい十日の休暇を取った。

艦長は「生方中尉、いいなあ。仮祝言だって?あまり長くはないが新婚生活を楽しんできてね」とこれも嬉しそうに送り出した。

そして今、生方中尉は上陸場に降り立った。おせっかいな福島大尉やなぜか日野原軍医長もくっついてきて「幸せ見届け人だ、皆に報告する義務がある!」とちょっとうっとうしくはあるが。

生方中尉は許婚との約束の場所、駅前の喫茶店「ブルー」に急いだ。この喫茶店はよく士官たちが使うところであるし、生方中尉にして見たら気の休まる場所であるからここを選んだのだ。

生方中尉の後ろ数メートルを、福島大尉と日野原軍医長がなにげなくついてゆく。

生方中尉が喫茶店に入ると、ちょっとの間をおいて二人も入る。

生方中尉が座るテーブルと背中合わせの席を二人は占めて(早く来ないかなあ、生方さんの許婚!どんな男だろう)とわくわくしている。

生方中尉は少し胸の鼓動を高くしながら許婚の来るのを待つ。注文して、運ばれてきたコーヒーを口にはこぶが、その手が少し震える。店内には、ショパンのピアノ曲が流れて落ち着いた雰囲気である。

その時入口のドアが開いて一人の男性が入って来た。生方中尉が立ち上がった、それを見て福島大尉と日野原軍医長もそれとなくそちらを見る。いい男だなあ、と日野原軍医長がつぶやいて福島大尉もうなずいた。

生方中尉と許婚の男性は、席に着いた。男性は脱いだコートを丁寧に畳んで自分の横の椅子の上に置いた。喫茶店の店主が注文を取りに来た。男性はコーヒーを頼む。

生方中尉がまず口を開いた、「こんなに遠くまで申し訳ありませんでした。切符はすぐに取れましたか?」。

男性は「ええ、もちろん。あなた方の戦果のおかげで最近は以前より物も豊かになりましたから」と言った。後ろで聞いていた福島・日野原の二人が(そうに決まってんだろって。俺らの死に物狂いの戦果がなきゃ、こんな生活できねえよ)とニンマリ。

「で」と、生方中尉がいきなり話の核心に入って来たようだ。「挙式ですが、何時にいたしましょう?私は今日から十日、休暇をもらってきました」

店内の曲は「仔犬のワルツ」の終盤に差し掛かっている、軽快なピアノの曲調に心が弾む。なんだか『大和』のトメキチがくるくる回っているようすが目に浮かんで、自然生方中尉の顔も和やかになっている。

「仔犬のワルツ」が終わった。店内が静かになった。店主がレコードを替える様子が見える。

「生方さん」と、男性は言った。その時中尉はちょっとした違和感を覚えていた。今までこの人が私を呼ぶ時、名字では呼ばなかったのに。「幸子さん」と呼んでくれたはず、なのになぜ今日は。

「あなたとの結婚を私は心待ちにしてきました。ずっと長いことです。でもあなたはなかなか日本に戻る様子もないし、あなた自身ずいぶん偉くなられてしまいました。私のような普通の会社の管理職が夫ではあなたも格好がつかないでしょう」

ここまで男性は一気に言った。生方中尉は一体何を言うのかと口を半開きにして彼を見つめている。その中尉を見つめてかれは更に言葉を継いだ。

「端的に言いましょう。・・・あなたとの結婚の話、解消します。あなたのご両親ももうご了解済みです、お互いそれぞれの生き方があるようですから、あなたは海軍の道を歩んでください。いつか立派な提督になられる日を待っています。そして何よりご武運を祈っています」

店内に再びショパンの曲が流れ始めた。「練習曲作品10-3 ホ長調」。

「・・・結婚できないと・・・」生方中尉の声は震えていた。背後でその様子をうかがっていた日野原・福島の二人は身じろぎもできずそれぞれのカップを握っている。

「そうです。私は、・・・はっきり言って待ちくたびれました。それに、こんな私でもよい、といてくださる人もいます。その人を『あなたのために』待たすことはできませんから」

男性ははっきりそう言って生方中尉に「決別」を宣言した。

呆然としている中尉に、男性は「では私はこれで帰ります。さようなら」と言うなり立ち上がり、自分のコーヒー代を払うと出て行った。

ピアノ曲が感情激しい起伏を奏でる・・・

福島大尉は、生方中尉の両肩が激しく揺れ始めたのを感じて思わず席を立った。そして「生方さん・・・」とその横の椅子に座ると彼女の方に手をかけた。その反対側に日野原軍医長がしゃがみこんで生方中尉の手を握った。生方中尉の固く閉じた目からそれでも涙は流れて落ちる。

二人は生方中尉を立たせると、コーヒー代を支払い店を出た。

「『別れの曲』、か・・・」

日野原軍医長がぽつりと言った。ショパンの「練習曲作品10-3ホ長調」はフランス映画の主題となってこの曲が邦題・『別れの曲』として知られている。

しかしなんという皮肉、こんな場面でこの曲が流れるとは・・・。言葉もない日野原軍医長と福島大尉である。

店の外に出ると、いつの間にか細かい雨が降っている。人通りも今日は少ない。二人は人気のない路地に生方中尉を引き込んだ。

なぐさめる言葉を持たない二人はしばらく生方中尉が泣くに任せていた。あのような一方的な断られ方をして、中尉はどれほど傷ついたことだろうか。

(断るにしてもいい方とかやり方があるだろうに。思いやりのない男だ。そんな野郎と一緒にならなくってよかったんじゃないのか)と、日野原軍医長は思っている。

細かい雨は三人の紺の軍装の肩に背中にしきりに降りかかっている。その雨が肌着を通してしっとりと感じられる頃、やっと生方中尉が落ち着いてきたようである。黙って肩をそっと叩く大尉と軍医長に頭を下げて「・・・みっともない場面をお見せして恥ずかしいです。申し訳ございません」と謝った。その中尉に軍医長が、「何を貴様が謝る?謝ることなんかないぞ。あんな断り方があるか、謝るならあっちの方じゃないか」と言って肩を抱いた。

中尉は「・・もういいんです、もう。諦めます。やはり『長過ぎた春』でしたね・・・春どころか冬が来ていることに気がつかなかった私がバカでした。・・こうなることも見越しておかなきゃいけなかったんですが・・でも私は海軍軍人です。自分ひとりの幸せより皇国や皇国臣民の幸せが大事です。・・・これでよかったんです!」と言い切った。

その潔さに日野原軍医長はあっぱれな女だと思った。そして、「生方中尉、冬来たりなば春遠からじという。きっとそのうち素晴らしい春が来るから待っていろよ」と励ました。

生方中尉ははい、と言うと顔をあげて、背筋をしゃんと伸ばすと歩き始めた。遠く近く、どこからか『別れの曲』が流れてきて、生方中尉にまとわりついた――


にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事
大和 | コメント:4 | トラックバック:0 |

あの日から一週間。

三月十一日から一週間がたちました。
あの日と同時刻に思わず瞑目した私・・・あの瞬間の大きな揺れとその後の阿鼻叫喚、その中にのまれていった多くの方々のご冥福と、被災されていまなお不自由な生活を余儀なくされているたくさんの方たちのことを思います。

しかし。
我が家の前の青梅街道には今日も朝も早よからガソリンスタンドに並ぶ車列が一キロ以上?つながっています。そして「買い占めは止めて!」という各方面の呼びかけもなんのその、それでもたくさんのものを買いためる人の姿。
もっともこの頃では品物自体が追いつかなくなってきたのかなんなのか、『たくさん』の品物も見かけませんが。

先日仕事をしながらラジオを聞いていました。
被災地で御自分も被災し、何の救援も受けられない人からの投稿でした。しかしその方は御自分の窮状を声高に訴えるのではなく、その近所の介護施設の窮状を「何とかしてあげて!」と訴えてこられたのです。
その介護施設はもう、食料も何もなく、しかも『足』がない。
こちらを早く何とかしてあげて、というものでした。

その投稿の最後は、こう結んでありました。

「東京でカップラーメンを争っている場合ではないのです」

私はそれを聞いて顔から火が出るくらい恥ずかしかった。
私は別にカップラーメンを争って買っている人間ではないですが、その「争って買う」人たちと同じ東京で、大した苦労もなく過ごしています。

買いだめをやめて、ガソリンを被災地に回しましょうよ。
避難所にもゆけず、孤立してる被災者の方もたくさんいらっしゃいます。その方たちを一刻も早く安全な場所に、というのが先決です。


また、福島第一原発では、たくさんの自衛官・警察官・消防士の皆さんが危険を顧みないで放水作業をしてくださっています。地域の、そして日本の安全のために頑張ってくださっています。
どうか、御無事で任務を終了できますようお祈りいたします。

岩手・宮城・福島他の被災地の皆さん。
くれぐれも御身大切に。必ず助けは来ます。それを信じて。
一緒に頑張りましょう。
そしていつの日か見事復興して世界に「日本人ここにあり」を見せつけてやりましょう。





関連記事
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

「非常時」になった日本・・・

「東北・関東大震災」から四日です。
被災された皆さんには心よりお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方々には心よりお悔やみ申し上げるとともにご冥福をお祈りいたします。

まだまだ余震も続いています。
真夜中に余震で目が覚めるというのはとても気持ちが悪いものだと実感しました。
色々な思いが交錯し、よく眠れません。
原子力発電所の問題もあり、枕を高くして眠れるのはいつでしょうか?その思いは被災地の方たちの方がもっと切実ですが。

今日うちの店は殺人的な忙しさでした。
近所のスーパーは、午後三時には売りつくして閉店したそうです。
うちもいつもより早い午後六時には閉店しました。
疲れましたが、被災地を想えばそんなことは言えないですね。

ものすごい状況の町を見ると復興はなかなか困難ではないかという気さえします。
まず、人々の心が元気にならなければなりませんね。
それこそ時間がかかることでしょうね。

いまは「非常時」です。日本中がこの震災を我が事として深刻に受け止めることが必要なのだと思います。
「今は非常時だ、我がまま気ままは許される時ではない」とは、かの戦艦大和で戦死した兵曹長の遺書の一節ですが、その言葉はいまの状況にも当てはまるような気がしています。

日本中が一丸となってこの「非常時」を乗り切りましょう!!


こういう状況ですので、記事の更新は今週いっぱいはお休みいたします。
皆様のサイトは訪問させていただきますね。


関連記事
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

皆様のご無事をお祈りいたします。『東北地方太平洋沖地震』

2011年3月11日。
ごく普通の日の始まりだった。・・・はずだったのに、なんていうことになってしまったのでしょうか。

宮城県を中心に大きな地震、宮城県が震度7と聞いた時は我が耳を疑いました。この間っから地震があって少し不安に感じてはいたのですが、まさか、こんなことになろうとは。

盛岡にいる私の友人。
同じく盛岡にいる、義弟のお嫁さんの御両親。
無事でいますか?
余震もまだまだ予断を許しません。くれぐれもお気をつけて。

皆皆様のご無事を心よりお祈りいたしますとともに、亡くなられた方々のご冥福を衷心よりお祈りいたします。


関連記事
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>