Archive2010年11月 1/3

「女だらけの戦艦大和」・大和農園の怪4<解決編>

その足音は、二人が行為に没頭している最中からごく近くで聞こえていたのだが二人には全く聞こえていなった―― 麻生分隊士は息を荒げながらオトメチャンを扱っている。オトメチャンがこれも息を弾ませている。その時。麻生分隊士は二人が立てている以外の物音にやっと気がついた。その音は二人の枕元と言ったらいいか、藪の奥の方から聞こえている。(なんだ・・・?)と分隊士はそれでもオトメチャンを攻める手を止めずに思っ...

  •  8
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・大和農園の怪3

麻生分隊士と見張兵曹が藪の中に飛び込んだと同時に、大音響とともにものすごい地鳴りのような衝撃があった―― 「落ちたな、近いぞ」と麻生分隊士は藪の奥に見張兵曹を引っ張り込みながら言った。この藪はどういうふうになっているのか知らないが、雨が落ちてこない。「いい塩梅だ」と、麻生分隊士は藪のなかほどまで進むとその場に腰をおろした。見張兵曹はハアハアと息を切らしている。少し雷が怖いらしい。どさりと腰を下ろ...

  •  2
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・大和農園の怪2

『女だらけの戦艦大和』から選抜された各科員達は、「トレーラー『大和』農園」に到着した―― 「ゲッ・・・」と皆の口から一様に驚きの声が漏れた。「こ・・こんなになってたっけ?農園」とひとりが震える声で言った。皆もうなずく。皆の眼前に広がる風景、今まではきれいに整備された農園に、それぞれの作物が整然と育っていたのだが。今や見る影なし。確かに作物は育ってはいるようだがものすごくでかかったり、実そのものが...

  •  4
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・大和農園の怪1

『女だらけの戦艦大和』はとうとう、トレーラー島に帰投した―― 見張兵曹はトメキチと感動の再会を果たした。海防艦の乗員の手から、見張兵曹を見るなり一直線に飛んできたトメキチに海防艦の乗員も感動している。見張兵曹はトメキチをその両腕にしっかり抱きしめた。「トメキチいい子にしてた?お利口さんだった?」そういう見張兵曹の顔をトメキチは舐めまわす。そして見張兵曹は海防艦の乗員に丁寧に礼を言って大和に帰って...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・大和農園の怪1

『女だらけの戦艦大和』はとうとう、トレーラー島に帰投した―― 見張兵曹はトメキチと感動の再会を果たした。海防艦の乗員の手から、見張兵曹を見るなり一直線に飛んできたトメキチに海防艦の乗員も感動している。見張兵曹はトメキチをその両腕にしっかり抱きしめた。「トメキチいい子にしてた?お利口さんだった?」そういう見張兵曹の顔をトメキチは舐めまわす。そして見張兵曹は海防艦の乗員に丁寧に礼を言って大和に帰って...

  •  6
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)