Archive2010年09月 1/3

「女だらけの戦艦大和」・熱血中尉登場!2

『女だらけの戦艦大和』航海科ではその日の朝からちょっとした緊張感がみなぎっている―― 早朝の交代を終えて、居住区に降りようとしていた見張兵曹に下から上がってきた小泉兵曹は「なあ、今日来る中尉の事なんか知ってる?」と聞いた。しかし見張兵曹は首を横に振って、「知らないんだよね。麻生分隊士も御存じないっていうし、他の分隊の人もあんまり知らないみたいでさぁ」と言った。小泉兵曹は、そうかあと唸って腕を組ん...

  •  8
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・熱血中尉登場!1

『女だらけの戦艦大和』第一艦橋で、副長がやおら切り出した―― 「麻生少尉、仕事大変でしょう?」そう副長に切りだされて、麻生少尉・航海科分隊長件分隊士は正直戸惑った。大変じゃない仕事など、海軍にあるものか・・・。ちょっと困った顔の麻生分隊士に副長は、「大変だよね。だってひとりで分隊長と分隊士の二役をこなすなんてねえ。・・・麻生少尉、本当に今まで御苦労さまでした。明日から」「ちょっと待ってくださいっ...

  •  10
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・熱血中尉登場!1

『女だらけの戦艦大和』第一艦橋で、副長がやおら切り出した―― 「麻生少尉、仕事大変でしょう?」そう副長に切りだされて、麻生少尉・航海科分隊長件分隊士は正直戸惑った。大変じゃない仕事など、海軍にあるものか・・・。ちょっと困った顔の麻生分隊士に副長は、「大変だよね。だってひとりで分隊長と分隊士の二役をこなすなんてねえ。・・・麻生少尉、本当に今まで御苦労さまでした。明日から」「ちょっと待ってくださいっ...

  •  10
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・月を愛でる会5<解決編>

『月を愛でる会』真っ最中の『大和』『武蔵』である―― 石場兵曹に伴われて見張兵曹は第一砲塔へ行った。そこには運用科と工作科の兵が数人、待ち構えていた。見張兵曹の姿を見るなり、「おお、オトメチャンが来たよ!オトメチャン早く早く、こっちに入って!」と皆で取り囲んで砲塔内に引き込んだ。「え?なになに?・・ねえ石場兵曹、待って・・・」オトメチャンはわけがわからない。石場兵曹はちょっと気の毒そうな顔をして...

  •  10
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・月を愛でる会4

『女だらけの戦艦大和』と『女だらけの戦艦武蔵』の上には、中秋の名月が―― いよいよ「月を愛でる会」当日である。両艦とも兵員から士官に至るまでうきうきとした気分である。今日は特に、艦長が入れ替わると言う変わった趣向がある。『大和』の乗組員としては(猪田艦長、禅マニアって聞いてるから一晩中座禅組まされたりお説教聞かされたらちょっとなあ)と言う不安もあるが、梨賀艦長のくだらない笑えない冗談よりは教養が...

  •  4
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)