Categoryふたり 1/14

緊急入院 2 解決編

「どなたか具合の悪い方がいらしたみたいですね…大丈夫なのかしら」とその人物は心配そうに言ったーー   そういった女性は今日の夕方、山中次子の病室の二つ先の部屋に入院したばかり、まだ荷物も解いてはいないようだ。その夫が 「どなただろうね…この病棟は婦人科だからお産のかただろうか?知り合いになれるといいね」 と言って女性ー妻をベッドに寝かせた。 妻はうなずいた後 「あなた、お疲れでしょうにごめんなさ...

  •  8
  •  0

緊急入院 1

山中次子は小さく声を上げると大きなおなかに手を当て、新矢の胸に体を預けるようにしたーー   「次ちゃん、どうした!」 新矢は叫ぶように言って彼女の肩をつかんだ。次ちゃんは眉間にしわを寄せて何かに耐える表情である。新矢は「どうした…もしかして生まれそうなのか!」と叫んで「益川に頼んで病院まで送ろう」と言って寝台から降りようとした、その腕を次ちゃんはつかんだ。そして 「私は平気です。どうか、益川さ...

  •  2
  •  0

親友 ベストフレンド

小泉兵曹は、あの事件の後艦に戻った晩、桜本兵曹・長妻兵曹・高田兵曹そして石川兵曹に集まってもらったーー   「呼び立ててすまんかったですが…うち」 と星明かりの最上甲板、二番主砲そばで、小泉兵曹は神妙な顔で切り出した。四人の兵曹たちはやや戸惑ったような表情で小泉兵曹を見つめた。その視線を受け止めて小泉兵曹は続けた、 「皆さんに謝りたい。ほいでオトメチャンにはうちの本当の気持ちを話したいんじゃ。...

  •  8
  •  0

十三夜

河合道明は、夕食を終え風呂に息子と入ると自室の離れへと歩いて行った――   三つになる息子の咲雄は「ばあばと寝る、ばあばと寝る」とその晩に限って駄々をこねたので母親に「サキはばあちゃんと寝たいそうです、いいですか?」と言って、母親は喜んで「ああいいよ、咲坊、さあいらっしゃいな」と手招き咲雄は喜んで祖母の広げた両手へ向かってとたとたと走る。 そして道明は自室への渡り廊下を一人歩いた。月明かりが彼の...

  •  12
  •  0

SQUALL 愛の嵐3 解決編

激しいスコールの中、佐野のかすかにふるえる手が高田兵曹の軍装のボタンにかかったーー   再び稲妻がまぶしく一閃し、激しい雷鳴が響き渡った。それを合図のように佐野は高田兵曹の濡れた軍装を一気に脱がせてしまった。雨水を含んで重くなった二種軍装の上下が床にドスッと音を立てて落ちた。その向こうに兵曹の軍帽が落ちている。 乳当てと下帯だけになった高田佳子兵曹を片手で抱きしめながら佐野は自分も濡れた服を脱...

  •  12
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)