伊号八〇〇潜情話

南方カタゲハ島基地の潜水艦部隊は、長い間の外地勤務を終えていよいよ内地に帰還する時を間近に迎えていた――

 

帝国海軍自慢の「伊号八〇〇潜」の乗組員・上荻エツ海軍主計中尉も内地に長年帰っていなかったので今回の帰国を大変喜んでいた。

が、一つだけおおきな気がかりがあった。

 

実は彼女はこの地に好きな男性がいた。彼はこの地の工場で副工場長として働く日本人であった。その工場が食料を作る会社の工場であったため、主計科の上荻中尉は知り合えたのだった。

工場を案内されて納入の品物のあれこれ―ー特に缶詰――を聞いたりするうちお互い好きあうようになりひそやかな付き合いが始まった。

たまの上陸日には待ち合わせ場所として決めた場所で待っていれば男性――栗木恭太――がやってきて二人は海岸を散策したり現地の人の経営のレストランで食事をして楽しんだ。

が、まだ身体の関係は作っていない。

互いに「結婚をするまでは」と自制しているからである。綺麗な身体で交際しそして<その日>を迎えたいというのが二人の願いであった。

 

その日も、待ち合わせ場所で上荻中尉は待っていた。今日上陸日であるというのは知らせてあった。果たして彼はそれから数分ののち、ハアハアと息を切らしながら駆けてきて、中尉の前に立った。

「お待たせしちゃいましたね、ごめんなさい」

と謝る栗木に中尉は笑顔で微笑んで

「私もついさっき来たところです。それより大丈夫ですか?」

と言って彼の背中をそっとさすってやった。栗木は「ありがとうございます、平気です」と笑って

「じゃあ、いつもの店に行きましょう」

と二人は歩き出した。

 

「ええっ!…」

レストランで食事を終えてしばらくして、中尉の告白に栗木は思わず声を上げていた。

栗木は上荻中尉の顔を見つめ

「内地に…帰還なさるんですか」

と呆然となった。中尉も苦しい表情で

「ごめんなさい。もっと早く言えばよかったんですが――言い出せなくて」

と絞り出すような声で言った。

栗木は中尉の両手を自分の両手で包み込んで、そして彼女の瞳を覗き込みながら

「私たち…これで終わりなんですか?」

と言った。上荻中尉の潜水部隊は内地に帰ったそのあと今度はいつここに戻れるかわからない。女である上荻中尉としてはその間に栗木の心が離れてしまうことが何より怖かった。

栗木も、この地の工場を離れることは当分ないかもしれないと言っていたし副工場長の立場で内地への転勤などそうそう望めはしない。

しかし。

上荻中尉はうつむいてかぶりを振った。そして

「嫌です。これで終わりなんて、嫌です」

というとすすり泣き始めた。楽しかった日々が遠くなってゆくようでたまらなかった。彼がいたからこそ日々の厳しい訓練や任務をこなせてきたのだと思う。

その彼が、もうこれで他人になってしまうとしたら。

「嫌です、私…あなたが好きです。離れたくない」

上荻中尉はすすり泣きながら言った。そして涙にぬれた顔を上げると栗木を見つめ

「あなたは、あなたはどうなんですか?終わりたいのでしょうか?」

と尋ねた。答えを聞くのが怖かった。

栗木は微笑み、握った手の力をさらに強くして

「終わりたいわけないでしょう?私はあなたとずっとこの先を生きて行きたいんです。だから、だから結婚しましょう!」

と言った。

中尉は栗木の瞳をずっと見つめていた。やがて息を整えると

「栗木さん。うれしいです。私もそうできたらと思っていました。私これから艦に戻ったら主計長にお話ししてみます。そのうえでお許しが出たら結婚許可願を出します。それで、いいでしょうか?」

と言った。

栗木は嬉しそうに微笑み、握った中尉の手を振りながら

「いいです、いいですよぜひそうしてください!そうすれば私も安心です。私のほうも、工場長にお話しします。そして早く、早く結婚しましょう!」

と言った。

 

二人は夕刻前に「では後日逢いましょう」と約束をし、その日は別れた。

上荻中尉は駆け足で伊号潜水艦へと戻る。一刻も早くこの話を主計長にして、結婚許可をもらいたかった。帰艦した上荻主計中尉は、主計長の桃井少佐を艦内の倉庫に探し当て

「主計長、桃井主計長。あの、少しお時間いただけませんか?お話があります」

と言った。桃井主計長は食品の在庫を調べていたが帳簿から顔を上げると

「おお、上荻中尉。何の話かね?」

と帳簿を閉じて中尉のほうに歩いてきた。上荻中尉は「お忙しいのに申し訳ありません」と謝って二人は居住区へ向かった。

そこで上荻中尉は栗木とのことを話した。

すると主計長は

「なんだ何かと思えばいい話じゃないの!――それよりそんな付き合いのある人がいたことよく今まで黙っていたねえ?誰も知らないんじゃないかねえ、いやあそれにしても素晴らしいよ。よしさっそく許可を出そう。――そうかあ、あの海軍御用達の『小泉商店』カタゲハ島工場の、副工場長がお相手だったとはね!――そうかだから最近いい品物が入るようになったんだね、いやあ、上荻中尉隅におけんなあ!」

と言って笑い喜び祝福してくれた。

上荻中尉は大いに照れながら

「ありがとうございます、まあ、そんなわけでして」

と言って幸せな思いに浸った。

 

そして数日後、再会した二人。

栗木はとてもうれしそうな顔でやってきて

「上荻中尉。いいお話です!あなたと結婚のため内地への一時帰還が認められましたよ!」

と言った。中尉の顔が輝いた。中尉も

「私も結婚許可が下りました!あなたと…結婚できます」

と言って恥ずかしげにうつむいた。

と、栗木はいきなり中尉を抱きしめて

「私の願いがかないました…出会ったときからあなたと一緒になりたかった」

と言った。中尉もそっと栗木の背に両手をあてて「私もです…うれしい」と言って目を閉じた。

しばらくの間二人はそうしたまま、南の風に吹かれていた。

 

「伊号八〇〇潜水艦」の出港の日が来た。

その前日、栗木は伊号八〇〇潜に糧食を納品に来て上荻中尉に逢った、そして

「私もあとから内地に帰ります、その時また連絡しますので待っていてください。結婚式の準備を始めないといけませんからね…しばしの間とはいえお別れがつらいですが、次に逢う日を待っています。ご無事で」

と言って名残惜しげに中尉を見つめた。中尉も切なげな瞳で栗木を見つめ

「お帰りを待っています。そしてその日を。どうかその日までお元気でいてください…本当にしばしの間ですがお別れがつらいですが」

と言った。二人の視線が切なくも熱く絡み合う。

ふいに栗木は周囲をさっと見回すと、中尉を抱きしめその唇を奪った。初めての接吻。中尉はびっくりして目を真ん丸に見開いていたが次の瞬間ほほを真っ赤に染めた。

栗木もほほを赤くしながら

「では明日お見送りに来ます」

というと照れくさいのかその場を走り去ってしまったのだった。

そして今日、栗木は工場長とともに「お得意様」の潜水艦部隊の内地帰還を見送りに来た。

多くの乗組員が艦の上に立って、見送りの残存部隊の見送りに<帽振れ>で応える。その中には上荻中尉がいて見送りの人々に視線を走らせている。

(どうしたんだろう、どこにいるんだろう)

中尉が不安になりかけたとき、桟橋の突端に人影。それこそ愛しき栗木である。栗木は工場長とともに伊号八〇〇潜に手を振っている。

桃井主計長が「おい、上荻中尉あれ!」と帽子を振りながら興奮している。中尉は思いっきり帽子を振りながら栗木の見送りに応えた。

結婚することが決まりうれしいけれどしばらくの間会えない寂しさも交錯し、複雑な気分ではあった。

でも、(私たちはもう一人ではない。たった一人で浜辺を歩く鳥じゃない。これからは二人で)と思うと自然に微笑みが浮かぶ中尉であり栗木であった。

 

伊号八〇〇潜の部隊はその進路を日本へ向けて進み始めた――

 

           ・・・・・・・・・・・・・・・

 

長い間の外地勤務が終わると同時に独身生活にも終止符を打つ二人の話でした。

潜水艦では「缶詰」を食べるのが通常のようでした。生鮮食品を食べつくすとあとは缶詰。『其の儘』という出し方があって、それはもう読んで字のごとく缶を開けたまま提供するものだったそうです。
伊号潜水艦

 

「必殺仕事人」主題歌・浜千鳥情話(金沢明子)を聞いてこの話のもとが浮かびました。

必殺シリーズの主題歌ってどれもいいんですよねえ~西崎みどりさんの『旅愁』とか。この歌は特徴的な伴奏で記憶に残っています。



神州ついに護持し得ず・回天勇士のこと。

 十一月八日・二十日という日付は私にとって忘れたくない日付である。

いかなる日であるか?

それは一番最初の『回天』を搭載した潜水艦部隊が山口県大津島基地を出撃して行った日であり、『回天』菊水隊九名が散華した日である。

回天開発者の一人である仁科関夫中尉をはじめとする『菊水隊』の隊員は十一月八日内地を後にした。二度と再び帰ることのない出撃行。彼らの心中はいかばかりだったか。

十一月十九日夕刻、ウルシー島西方50浬に忍び寄った伊号四七潜水艦は機会を待って深く潜行。敵艦多数を確認し翌午前一〇時三〇分佐藤・渡辺両少尉を回天三,四号機に搭乗させその敵艦を潜行進撃、さらにそのあと午後三時には仁科、福田両中尉が回天に搭乗。

そして運命の時が来、一号艇の仁科中尉の回天が三時二八分バンドを外され熱走、やがて大きな爆発音がとどろいた。

仁科中尉は、回天考案者の黒木少佐の遺骨箱を胸に敵艦に突入して行った。彼は自分の考案した兵器で出撃、そして還らなかった。仁科関夫、長野県出身の二一歳。

そのあとに続いて佐藤少尉、渡部少尉、そして福田中尉が続いて散華した。

同じ菊水隊の別働隊の伊号三六潜水艦では搭載四艇のうち今西少尉の一艇のみ突入、残りの三艇は故障で突入できなかった(吉本中尉、豊住中尉、工藤少尉の回天)。しかし彼らもこのあと別の隊に編入されその身を南海に散華させた。

菊水隊・今西太一少尉(昭和一九年十一月二十日ウルシー海域にて戦死)の遺詠

  敵の前五十でざまあみやがれと 叫んだその声聞かせたい

工藤義彦少尉(昭和二〇年一月一二日グアム島アプラ湾にて戦死・金剛隊)が突入二時間前にわら半紙に鉛筆で書いた遺書。

  泣クナトハ云ヒマセン

  嘆カレル心中ハ充分想像デキマス 

  存分ニ泣イテヤッテ下サイ

  ソシテ悲シミノ中カラ

  勝チ抜クタメノ決意ヲ固メテ下サイ

  可愛イ人形ト写真ト一緒ニユキマス

どれも胸の痛くなる詠であり、手紙である。

この後もたくさんの回天が南海に散ってゆく、そしてその戦果は正直不明なものが多いとされている。中には暗夜に突入して(させられて)リーフ(サンゴ礁)に乗り上げその場で無念の自爆をした隊員もいた。彼がどんな思いで自爆装置を作動させたのか、考えると息が苦しくなる。回天運用の誤りが、彼らの思いとは裏腹の結果を生んでしまったことは悲劇でしかない。

 

そんな中に、一人の隊員がいた。

橋口寛大尉、海軍兵学校七十二期。大津島基地・光基地・平生基地と赴任した彼も憂国の情に燃え、一刻も早く出撃して敵に一矢報いたいと懸命に訓練をこなしていた。しかし彼は出撃を許されなかった。

なぜか。

彼は回天の操縦技術が卓越していたことや、隊員の技量など見抜く力がたいへんに評価され教官として残されていたのだ。隊員たちからはたいへん敬愛された橋口大尉ではあったが、次々に同期の仲間や教えた隊員たちが出て行って散華するのを見てやるせない思いでいっぱいだった。

そしてついに彼にも出撃の日程が知らされた。それも隊長として。喜びに沸いた彼の心は容易に想像できる。

日程は――八月二十日。

出撃の五日前の一五日、日本は敗戦となってしまった。橋口大尉の落胆はただものではなかったはずである。そしてその時自決の決意を固められたのだろう、しかし周囲にはそんなことをおくびにも見せなかった橋口大尉。

彼は一八日夜、平生基地で仲間と酒を酌み交わした後酒のにおいが消えるのを待って、自分が搭乗予定だった回天の操縦席に座り拳銃自殺を遂げてしまった。

白の第二種軍装の胸に銃口を当て引き金を引いたのだ。

彼は多くの戦友たちに死に遅れ、生き残ることを恥じたのだ。

橋口大尉の遺書、

  君が代の唯君が代のさきくませと祈り嘆きて生きにしものを

  又さきがけし期友に申し訳なし

  神州ついに護持し得ず。

    後れても後れても亦(きみ)達に誓ひしことば われ忘れめや

  石川、川久保、吉本、久住、小灘、河合、柿崎、中嶋、福島、土井

 

神州ついに護持し得ず…この言葉に彼の思いが凝縮され、後れても…の歌に彼の決意はみなぎっている。最後に回天で散華した同期の名前を上げて彼らに遅まきながらも続いて行くとの想いを語っている(この中の数名は生存)。

またもうおひと方、松尾秀輔少尉も同年八月二十四日、大神突撃隊練兵場にて手りゅう弾を以て自決されている。

 

回天で散華した隊員も、自決した隊員も、そして戦後を生きた元隊員もそれぞれ必死に生きたのだ。戦後を生きた元隊員たちはその「負い目」というものを引きずりながら、しかし散華して行った仲間の思いを後に続く日本人に届けようと証言してきた。

その彼らを、泉下できっとほほ笑みながら亡くなった隊員たちは見守っていることだろうと私は思う。

そして、彼ら回天で戦した隊員たちが後事を託した我々今を生きる日本人は彼らに恥ずかしい生き方をしてはいまいか?

わが身の越し方をふと振り返っては「ごめんなさい」と彼らに謝る昨今である。

 

橋口寛大尉のお姿(お写真お借りいたしました)。目元のりりしく知的な方と解ります。
yjimage.jpg

「女だらけの戦艦大和」・○○は止められない!

「伊号」4444潜水艦は、インド洋での通商破壊戦を終えてペナン基地へと帰投中である――

 

4444潜の艦長・板倉みつま大佐は上機嫌である。誰かれなく話しかけては鼻歌交じりで浮き浮きと艦内を歩き回る。

兵たちは

「艦長エライご機がいいねえ。まああれだけの大物を撃沈したんだから無理もないか」

と笑い合う。あれだけの大物とはイギリスの大型輸送船を三隻とその護衛艦を四隻沈めたからである。

日本海軍の潜水艦は、敵のソナーに引っかからない特殊な塗装を艦全体に施してあるのでかなりの至近まで寄っても浮上しない限り気づかれない。

が、用心に用心を重ねた板倉艦長は船団から15キロメートル離れた所から潜望鏡で敵の動向を観察したうえで、

「魚雷戦用意!」

を命じたのだった。艦内の兵たちが忙しく動き回り魚雷の装填がされる。艦長は潜望鏡で船団を追いながらその時を待つ。伊号潜水艦自身も静かに海中を走りながら。

そして、

「ぎょらーい・・・テーッ!」

の艦長の叫びとともに、日本海軍が最近開発した<散開魚雷>を発射した。この<散開魚雷>とはまず大きな魚雷が発射されそれが敵艦船の手前数キロ程度に至ると大きな魚雷――母体ともいうべき――から小さな魚雷が三十個ほど飛び出し、敵の艦船に襲いかかるというものである。もちろん大きな魚雷も敵に突進してゆく。

今回この<散開魚雷>で板倉艦長の「伊4444潜」は大戦果をあげたのだった。

魚雷が発射され、潜望鏡で見守る艦長の目に真っ赤な火柱がいくつも見えた。それはとりもなおさず敵の船団が撃沈されたという証拠の火柱。

艦内でかたずをのむ兵員たちはその瞬間、衝撃が艦を揺らしたのを感じ(やった、やったね)と確信したのだった。

水中聴音器で様子をうかがっていた兵はその時、「ピシイ!」と鋭い音をいくつも聞いた、これこそ散会した魚雷たちが敵の艦船にあたった瞬間の音である。

敵艦船はあるものは真っ二つになり、あるものは船底をえぐられて沈んでゆく。乗組員たちは、破壊された艦の一部などにつかまっていたがやがてやってきた日本の駆逐艦たちに引き上げられ捕虜となって収容所に送られるのであ

 

実はペナン出航前には、「伊号4444潜?四が四つもある不吉な潜水艦だからねえ、撃沈されなきゃ御の字だね~」などとかげ口を叩かれたりしたものだが、板倉艦長は

(何を言うか、見よこの戦果を。四が四つも重なって、これこそ<四合わせ(幸せ)>の艦じゃないか。くだらん迷信なんかこの戦争に持ち込むんじゃあ、ない。迷信があったとしても自分たちでうち破るのが海軍精神じゃないか?)

と思っている。

ともあれ、艦内は祝賀ムードになって艦長は主計長に、

「主計長、今夜はお祝いです。思いっきりごちそうを出して皆をねぎらってやってください」

と言い、主計長もうなずいて「はい、今夜は赤飯を出しますのでお楽しみに」と言って笑った。そしてその晩は皆が大喜びするほどのごちそう――と言っても数週間ほど潜航していた後のごちそうだからその辺は差し引いて考えてほしいが――で、赤飯にウナギ、コンビーフ缶、それにパイン缶。そしてビールも出され、小躍りして喜ぶ兵たちに班長は

「ビールを飲むのもよいが過ごしてはならんぞ。いいか、まだ基地に帰ったわけではないからな。気を引き締めるためのビールであるからそのつもりで。なおこのビールは板倉艦長から皆への褒美であることを忘れるなよ」

と戒める。兵員たちは「わかりました!」と言い、大事にビールをいただく。

 

さて、おとなしい兵員たちとは打って変わって艦長・水雷長・航海長・機関長たちが集まると大変な酒盛りが始まってしまった。

最初のうちこそ「いやあ、明日も明後日もあるから」「この後見張りの当直だしぃ?」とか、「ちょっとまだ緊張が解けないからあまり飲めないよ?」なんてしおらしいことを言っていた各長たちも酒が入るに従って大胆になってきた。

ビールからいつの間にか、日本酒に酒の種類も変わってきている。空き瓶が周囲にごろごろ転がり始める。

メートルも、上がり始めている。しかし皆「伊号潜水艦」の中でも酒豪と言われる連中の集まりだけに乱れもしない。

しかし・・・時がたってくると催して(・・・)くる(・・)もの(・・)がある。一人、また一人と厠に立っては戻ってくる。

板倉艦長はそんな科長たちを見ながらさらに飲む、飲む飲む・・・・

 

だが等々、板倉艦長にも催し物招待状がやってきてしまった。(ええ、めんどくせえなあ)と思いつつ「ちょっと外すよ・・」と席を立つ艦長。厠に行くと誰か先客がいて、艦長はもう我慢ならなくなった。大波が連続して押し寄せてくるではないか!?

(どうしよう・・・)と思うともうたまらない、腰が引けて妙な格好になっている自分に気がつくと(艦長たるものがこんなかっこでは皆に馬鹿にされる。ああでもどうしよう・・・だから潜水艦ってこういう時嫌なんだよな・・・ああもう!)と忌々しく思う。

と、艦長の頭に電光のように閃きが走る。

(そうだ、今は浮上航行中だ。周囲に敵はいない、月明かりも今夜はちょうどいい明るさのようだし、とくれば!)

艦長は司令塔のラッタルを目指した。途中出会った兵曹に、

「ちょっと私は外に出るが、絶対決して誰も上がってこないように見張っててくれるかな?お願い!」

と言うなりあっという間にラッタルを駆け上がり、そして艦の外に出て行った。

 

「おお~・・気持ちいい」

板倉艦長は、月明かりにキラキラと光る夜の海を見つめつつ大放尿中である。我慢した後の放尿はなんて気分がいいのだろうか。

艦長はやがて用を済ますと、立ちあがった。褌をしめなおし、ズボンを引き上げ防暑服の上着の裾を中に入れてベルトを締めた。その足元が少しふらつく。ありゃこれはいかんなあ、酒をやりすぎたかとひとりごちた板倉艦長、夜空を見上げて深呼吸――と思った次の瞬間!

 

ドボーン!

 

板倉艦長は大きく体のバランスを崩して艦上から海へと転落していたのだった。

「ギャッ!誰か・・・」

と叫ぶ艦長であったが艦が波を切る音にかき消される。艦長は、伊4444潜から引き離されて行く・・・。

 

先ほど声をかけられた兵曹嬢は(どうしたんだろう艦長。ハッ!もしかしたらご気分が悪いのかも、だとしたらこうしてはおれん)とその場を通りかかった上等水兵嬢にこれこれこうのようだ、と話すと二人は艦の外に出るためラッタルをあがってゆく。

「艦長大丈夫でしょうか、ご気分が悪いのならすぐに軍医長のところにお連れしましょうね」などと話しながら。

艦の外に出てあたりを見回した兵曹嬢が、急に海を指して「ああ、艦長が!」と叫んだ。そこには片手を大きく上げて流されて行く板倉艦長の姿が!

さあ、伊号4444潜は上を下への大騒ぎになり航海長や水雷長はじめ艦内総出で艦長を救出したのだった。

やがて艦に引き上げられ、ぬれ鼠になった板倉艦長は総員を前にして

「・・・と酒を過ごすとこういう目に遭うから皆はくれぐれも過ごさぬように。酒は飲んでも飲まれるな。ともかくも・・・迷惑をかけた、済まなかった、そしてありがとう」

と謝罪と訓示をしてそそくさと艦長室に帰って行ったのだった。とても気まずかった・・・

 

だが、伊号4444潜の誰も、誰一人として艦長が「放尿の為艦上に出て転落した」とは思っていないのが板倉艦長には救いであったとさ――。

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

危ない危ない・・・

板倉艦長、いくらなんでも酒飲んで潜水艦の外でおしっことは(;一_)

でもアルコールを飲むとトイレが近くなりますね。あとコーヒーも、スイカも・・・。ともあれ皆さまも尿意を感じたらすぐに、トイレにゴー!ですぞ。

板倉光馬さん

板倉光馬少佐の実話をもとに創作いたしました・・・。板倉少佐は中尉になってから潜水艦に初めて乗り以来、潜水艦畑を歩んでこられた人です。戦争末期には回天指揮官になられたことでも有名。平成1710月、92歳で逝去。



にほんブログ村
プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード