スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします

今年ももう半月以上過ぎてしまいました。
遅くなりましたがどうぞ今年もよろしくお願いいたします。

鬱の具合は相変わらずで、朝夕がつらいです。でもそうも言ってはいられないので普段の日は仕事をしていますがやっぱしつらいはつらい。今までのように動けない自分が歯がゆいです。
そして皆さまからのうれしく、ありがたいコメントに一つ一つお返事できなくってごめんなさい。でもしっかり皆様のお言葉胸に刻んで一日一日を生きてゆく所存です。

お話の続きは考えてはあるのですがなかなかPCを開く気になれなかったり、書こうという気が起きない状態で自分自身参っています。でもそのうち絶対書きますので待っていてくださいませね。

それでは、はなはだ簡単ですが本日はこれにて。またお会いしましょう!

スポンサーサイト

日々雑感・『海軍標準カレー』を作ってみました。

こんばんは!
なかなか気分的に元に戻らない私です。今までできたことができなくなったのが一番自分自身にとって衝撃であり情けなくある昨今です。
しかし…とある本を見ていてこの二三週間、「作ってみたい」と思っていた<海軍標準カレー>を先般、やっと作ることができました。きっかけを作ってくれたのがこの本、「明治~昭和まで歴史で辿る日本海軍レシピ46品 海軍さんの料理帖」(有馬桓次郎著 ホビージャパン刊)です。海軍黎明期から前の大戦までの海軍の料理のあれこれを豊富なカラー写真と説明でわかりやすく紹介されています。
その中に<海軍標準カレー>の作り方があります。これは昭和17年発行の「海軍主計兵調理術教科書」に掲載されていたもので、小麦粉とカレー粉を炒って作るものです。そのままだと味がないので、塩コショウやしょうゆなどを少しづついれて好みの味に仕上げます。
炒ったカレー粉と小麦粉を野菜や鶏肉を煮たスープの中に入れる時ダマになりがちですので、炒ったフライパンの中でスープで少しずつのばしながら練って入れるのがいいですね(と説明にも書いてあります)。
私もやってみましたがやり方が下手だったので少しダマができてしまいました。でも、味は満足いくものが作れました!これは私にとっても大きな一歩で、今までーーいや今でも――やる気の起きない私がこれをできたことを医師もほめてくださいました。
これを着に少しづつでいいから元のように料理やほかのことがどんどんできるようになればいいのですが。
厄介な躁うつ病にかかったのは私の場合完全に自分のせいでしょう、それを受け止め牛の歩みでもいい、前に進みたいと思っております。

私の作った<海軍標準カレー>と「海軍さんの料理帖」です。皆さんもぜひお手に取ってほしい本です^^。
DSCN1957.jpg DSCN1960.jpg

「ゴシップ」の続きを書き始めておりますのでもう少しお待ちくださいませ!!

日々雑感・つらいです。でもがんばります。

こんばんは。
相変わらず続きをかけない私です。今日は自分のあほさ加減とか思いやりのなさとかを実感しました。詳細は書きませんが私がこういう状態に陥ったのは因果応報だと思っています。
だからこの苦しみの中にどっぷりつかりたいと思います。

そのうち、それでも何とか気を取り直して続きを書きます。それまで待っていてくださいませ。

「誰もいない海」(トワエモア)

日々雑感・俳句を読んでみました

みなさまこんばんは!

なかなか「ゴシップ」の続きが書けなくて気ばかり焦る昨今です。夏の疲れに加え、もう二十年以上たまりにたまったストレスが爆発寸前のところまで来ているようでして医師の診察を受けています。ゆっくり休みたいなあとは思っても絶対無理な相談ですのでそれは考えないようにしていますが時折感情が沸騰してきて抑えるのが大変な時があります。

でもきっといつかこの状況から解放される時が来ると信じて頑張ります。

 

というわけで今日は、最近作った俳句??を皆さまに恥ずかしながらご披露したいと思います。実は私、俳句とか短歌を作るのが好きでたまに仕事の最中に浮かんだ句などをメモに書き留めております(まじめにやれという声がどこからか聞こえますなww)。

全然上手ではないのが恥ずかしいですが、物語の続きを書くまでのつなぎとして読み流してくださいませ。

 

 

彼岸花 亡き人空にさがしをり

(うちの庭に、彼岸花が数輪咲いていました。ふっと、空を見上げると私の今はもう亡き父親や祖母の顔が浮かんできました。何とも言えない無常感が私を支配しました)

 

 

哀しさも苦しさも秘め 我深海魚

(深海魚をTVで見ました。真っ暗な陽も射さないような深海でそれでも生きる深海魚を私はえらいとさえ思いました。魚だから感情はないかもしれないけどもしかしたら悲しみとか苦しさとか感じることがあるかもしれない。でも言わない、言えないだけ。だとしたら私と一緒だね)

 

 

幼子の 小さき指先 あきあかね

(幼子は目の前を飛んでゆくアキアカネに興味を持って、母親にその存在を教えようと一所懸命指さしていました。アキアカネがこの指に留まればいいのに。)

 

 

猫じゃらし 降りくる雨の 激しくて

(今年は道のわきにどうしてか、たくさんの猫じゃらしが生えています。暑さのせいなのか、なんなのか?そんな猫じゃらしが、振り出した激しい雨に打たれています。がそこは雑草のたくましさで折れることがない。私もそうありたい)

 

 

稲妻を 抱きて雲の 勇ましき

(これは今夜の風景です。夜7時過ぎたころ散歩に出ましたら北の空に激しい稲光といくつかの稲妻が見えました。どこかで大雨なのでしょうか…雷光に浮き出る雲の峰々の雄々しさに驚き、詠んだ句です)

 

 

駄作でお眼汚しをしてしまいましたね(;´Д`)…もっと言葉を磨いていい句や歌を作りたいです。次回こそ「ゴシップ」の続きを書きますね、お楽しみに!

日々雑感 八月六日 

炎暑の昨今皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

今日は72年目の広島原爆の日です。ああもう、72年もたってしまったのかと感慨深くしていらっしゃる方も多いのではないかと思います。

私も今まで、広島・長崎の原子爆弾に関する書物を読んできましたが半世紀以上たって久しいことになんだか最近では恐怖に似た思いを持つようになっています。

体験者が少なくなり、やがてあの惨禍を語ってくれる人が居なくなったときあの二つの原子爆弾で亡くなった多くの人たちが忘れ去られてしまうのではないかという思いです。

人は、忘れられたとき「二度死ぬ」と言います。

そんなことがあってはならない。

その思いを強く感じる今日この頃です。

 

日本を取り巻く世界情勢はだんだん厳しくなっていると思います。そんな中我々はどう日本を守ってゆけばいいのか、これも考えねばならない懸案事項です。しかも早急に。

先の大戦で戦死なさった多くの将兵の皆さんはこの日本の未来を憂いておられました、ご英霊の皆さんが心やすらかに鎮まれるように、彼らの後を引き継いでこの日本に生きている我々は日本をしっかり守らねばなりません。

あの戦争で亡くなった将兵の皆さんをともすれば「犬死」「無駄死に」という人もいますが、決してそんなことはありません。もし、無駄死にだとしたらそれは後世を生きる我々がそうさせているのではないかと思うのです。

周辺国の言いなりになって国のために戦って亡くなった人たちをまるで悪党呼ばわりするような国になり果てては、英霊は鎮まれません。

 

今朝、靖国神社に参拝してまいりました。

久しぶりの参拝でした。が、拝殿前に手を合わす人の中に、缶ジュースを口にくわえたまま手を合す人が居てそりゃないだろ、缶を置いてから手を合わせなさい…と言いたくなりました。

ご祭神の中には、炎熱の中水を求めて亡くなった方たちも数多くいらっしゃいます。そんなご祭神の前で…、私は悲しいというよりあきれ、怒りさえ覚えてしまいました。
DVC00081.jpg

 

今日は一冊の本を遊就館の売店で求めてきました。

<いつまでも、いつまでもお元気で  特攻隊員たちが遺した最後の言葉  知覧特攻平和会館編>
いつまでもいつまでもお元気で

陸軍の特攻で亡くなった方たちの故郷へあてた手紙が美しい風景写真とともに紹介されています。18,19くらいのまだ若い人たちがどんな思いでこの言葉をしたためたのかと思うとき、涙を禁じ得ません。どこかで見かけたらぜひ手に取ってみてください。

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。